相続に係る全ての実務家が集結し、ワンストップサービスを提供します。

終活研究会

ご相談・お問合せ
HOME > ビジョン同盟 >一般社団法人 東京都相続相談センター

一般社団法人 東京都相続相談センター

一般社団法人 東京都相続相談センター

一般社団法人 東京都相続相談センター

理事 佐藤 雄樹

経歴
1982年 神奈川県生まれ
2004年 学習院大学 卒業
2004年 三菱地所リアルエステートサービス株式会社 入社
2011年 株式会社brands 設立
2013年 一般社団法人東京都相続相談センター 設立
所在地
東京都中央区八丁堀4-10-8
事業内容
・相続対策の提案(遺産分割・納税・節税)
・相続手続に係る専門家の紹介
・相続セミナー・相続相談会の実施
・相続に係る諸問題の相談受付

終活専門家インタビュー

「本当の意味での相続実務家は少なく、間違った相続対策・手続きが多いです。」

事業の内容と特徴を教えてください。

主に、「相続」に関連する相談の受け皿となること、また、ご相談いただいた内容に関しても最も適切な専門家をご紹介しています。この手のサービスの運営は、法律家だけや、税理士だけ等のケースが大半です。中には、法律家、税理士、FP等で運営するケースもありますが、「相続」のような広く専門知識を要する分野では、不足します。当社団法人では、12の分野に及ぶ専門家が複数名集結しており、内部にてセカンドオピニオンとしての役割も担います。また、これから「相続分野」に進出したいという各種専門家に対する相続セミナーや、既に相続実務をされている専門家向けにも、勉強会を開催する等といった点も稀有な存在だと思います。

現在のサービスを始めた経緯や秘話があれば教えてください。

当社団法人では、元々は各々の専門家が常日頃より相続実務に携わっておりましたが、共通の問題意識として、士業に質問をすることへの「敷居の高さ」を痛感しておりました。また、各種専門家は「弁護士」は「法律」、「税理士」は「税金」のみというのが一般的であり、自身の専門分野でないことは無知であることが多く、相談者は、士業間を「たらい回し」にされるケースを目にしてきました。そのため、①一般の方が、相続で困ったことがあった際に気軽に相談できる相談センターでありたい、②各専門分野が協力することによって、バランスのとれたワンストップな相続対策・手続きを提供していきたいと思い、当社団法人を設立することとなりました。

他社サービスと比べ、これだけは絶対に負けないという点があれば教えてください。

ご相談いただいた方からの「顧客満足度」と、その背景にある「サービスの質」には絶対的な自身があります。一般的には、「先生」と言われるような各専門分野の実務家が、1つ1つの案件に対して、知恵を絞って最適な対策・手続手法を提案し、さらにそれを内部でセカンドオピニンとして精査を行うといった点は、他では受けられないサービスです。また、それぞれの専門家の仲も良いため、連携も取れますし、一専門家としての意見も良い易い環境にありますので、他では真似することも難しいサービスだと自負しています。

今後の展開やビジョンをお聞かせください

まだまだ世の中では、「相続をきちんと考える」ことの大切さが認知されていません。今、取り組まなければダメなのに、「今は、まだ早い!」や「まだまだ元気だから・・・」等といって真剣に向き合わない方が非常に多い状況にあります。また、どんな相続対策を行う場合でも当社団法人のように複数の分野に渡る専門家の視点から検証しなければならないにもかかわらず、1分野や2分野の専門家のみの知識や見解で対策を練ってしまい、あとで後悔するケースを多々目にしてきています。そのため、①今こそ、相続対策に真剣に取り組むべきであること、②正しい相続相談の対応の仕方等を、きちんと拡めていく必要があります。

 

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について終活研究会は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。